カミシン

記事一覧(18)

くすみやたるみの解消 対策 esSe 初回半額フェイシャルマッサージプラン

女性のお肌の悩みの上位を占める「しわ」「くすみ」「たるみ」。シワの方が悩みとして上げる方が多い割合を占める中、実際気にしている、改善したいのは「くすみ」「たるみ」が優先という事がアンケートによってわかりました。実際私たち女性にとって、若干のしわは許せるような・・・でもくすんでいる肌やたるんでいる肌は何とかしたら解消できるかも、と思いますよね。「くすみ」や「たるみ」の共通する原因は「乾燥」です。保湿しているつもりとうい方に多い症状で、実際は正しくケアしていなかったり、保湿量が足りなかったりという場合も少なくはありません。esSeでは、ファイシャルマッサージやポルトボヌールの施術を行う前にお肌のカウンセリング、施術後に実際施術してみての肌の状態やこれからどのようなケアをしていった方が良いか、正しいケアの仕方などアドバイスをさせて頂いておりますが、こちらでも「保湿ケア」についてよく話をします。正しいケアで緩和させ、特に症状が重い方は定期的なフェイシャルマッサージやEvidens、La Collineの商品をオススメする事もあります。実際私もこれまで多くの基礎化粧品を試し、行きついたのがこの2ブランド。実際百貨店では展開しておらず、私達MICビューティーコンサルタントのみが取り扱う事が出来ます。先日のブログでも軽くお話したように定期的な勉強会により、ケア方法や知識の向上など日々努めているMICビューティーコンサルタントだからこそ出来るお肌に合った的確なケア商品選び、ケア方法が出来ると自負しています。福岡市近郊の方は初回半額の3000円(+tax)にてご提供しておりますesSeフェイシャルマッサージプランをご気軽にお試し下さい。

たるみやくすみが気になる方必見 esSeの初回半額フェイシャルマッサージプラン

40代でも若く見せる 40代女性の肌ケア

どうしてあの人は若く見えるのだろう。そう思ったことはありませんか?40代女性での若さの違いはやはり【肌の美しさ】ではないでしょうか。若々しく見えるためにはシンプルな化粧が一番だと思います。厚化粧や派手な化粧はかえって老けて見える事も。40代になると肌にシミやシワ、たるみが出てきます。肌の老化の原因には、紫外線・乾燥・物理的刺激などの外的要因と、ストレス・過度なダイエット・食生活の乱れなどの内的要因があります。これだけ多くの原因がありますが、それぞれに対応した対策をきちっとしておけば、肌の老化を遅らせて、しみ・シワ・たるみの予防をすることができます。また、肌の老化の一番の原因は、紫外線です。紫外線の一部は肌の真皮まで浸透してコラーゲンを破壊し、メラニン色素を濃くしてしまいます。そのため、紫外線対策やUVケアを徹底することで、かなりの確率で肌の老化を予防することが出来ます。3月から6月にかけて紫外線はピークをむかえます。紫外線=真夏という先入観による予防の遅れが30、40代女性の肌にとって大きなダメージにもなりかねません。肌の老化の1番の原因である紫外線。早いに越したことはありません。今年こそ美白ケア、始めましょう🎶

九州初!新しいオールハンドエステ技術『幸せを運ぶメソッド〜ポルトボヌール〜

数カ月前にやっと取得した新オールハンドエステ技術「ポルトボヌール」福岡含め、全国でもまだこの新技術を行えるところは少なく、九州ではここesSeともう1社のみの計2か所と、受けたい方には非常に不便な状況です。新しいオールハンドエステ ポルトボヌールとは?フランス語で「幸せを運ぶ」という意味を持ちます。オールハンド、心をこめて身体に触れ、経絡・リンパの流れを整えて、体内の老廃物など余分なものを排出し、血行を促しエネルギーを巡らせていきます。それにより、冷え性や免疫改善、むくみや肩こりの改善、疲労回復にもつながります。また、身体機能の回復は「心」にも大きく関係してきます。身体からの負荷(ストレス)を除く事で、心の負担も軽減され、元気になった身体と心は、仕事や活動のパフォーマンスを上げます。流れを滞らせない、この循環を促していくのが、様々な知識・経験・技術をもとに考案され新しく作り出された技術です。esSeのお客さまでもまだ数名ではありますが、2週間に1度と定期的にこの「ポルトボヌール」を受けて頂いているお客様がいらっしゃいます。試してみたいけど一体どのような事をするのだろうとお思いの方もいらっしゃると思いますので、今回は一通りの流れをご紹介いたします。ポルトボヌールの流れ①お肌のカウンセリング&状態チェック

保湿の重要性と5つのポイント

なぜ「保湿」が重要なのでしょうか?「美白」・「シミ・そばかす」「たるみ」「しわ」「アンチエイジング」などこれらのキーワードはこのesSeのブログにたどり着いたお客様の検索キーワードです。これらの検索キーワードの全てに共通するのは「保湿」です。今回は保湿がなぜ重要性についてお話します。美白やシミ、たるみなど、皆さんそれぞれの気になる点について、どうケアしようと考えてしまいますが、やはり重要なのは「保湿」です。それぞれの点において共通する原因は「保湿」が足りない事。保湿する事で、皆さんの気になっているお悩みの改善につながります。肌のコンディションを保つのに「保湿」は欠かせない要素で、肌のコンディションがいまいちな時は保湿がしっかり出来ていない場合が多いのです。ですが「保湿」には水分だけを与えてやればいいのかというとそういうわけではありません。お風呂あがり、化粧水をつけた後必ずクリームや乳液を付けるように、本当の意味での保湿とは水分と油分のバランスが重要になってきます。保湿の重要性と5つのポイント①「美白」「シミ・そばかす」綾瀬はるかさんのような、透き通った白くキレイな肌は女性なら誰もが憧れる理想のお肌。肌が白い=メラニン色素量が少ない原因の1つである「紫外線」を遮断する事が挙げられます。UVカットの効果がある化粧品や日傘を使うなど和らげることは可能ですが、100%遮断する事は残念ながら不可能に近いです。そして紫外線を遮断する事ともう一つ大切なポイントは、そう「保湿」です。メラニン色素が増え、黒ずんだ肌を白く戻す助けになる大事な要素なのです。保湿が充分にされている肌は新陳代謝が盛んになる為、メラニン色素で黒ずんだ部分が新しい細胞に入れ替えるスピードが早くなります。②「しわ・かさつき」保湿の必要性でいえばシワ・カサつきこそがメインと言えるでしょう。肌に潤いが足りない状態にしておくと、乾燥を引き起こし肌にハリがなくなったり、シワやカサついたりする原因になります。毎日保湿を怠らない事だけでもこの乾燥はかなりの度合い防ぐことができます。乾燥を防ぐには水分だけでなく、肌に必要な油分を補ってあげる事も重要になります。更に若い時からケアをするとより効果的です③「ターンオーバー」ターンオーバーつまり新陳代謝のことです。肌に充分な水分が無いとターンオーバーが遅れる原因になってしまいます。また、加齢によりターンオーバーは若いころに比べると遅くなっていきますので、30代からは特に「保湿」を心掛ける事が重要となっていきます。保湿の足りていない皮膚は硬くなってしまい、新しい栄養分も回りにくくなったり、細胞が入れ替わりにくくなったりするのです。④「アンチエイジング」肌のアンチエイジングは、抗酸化・しみやしわ予防・美白などのことを総合的に含むもので、「肌を若いままでキープしよう」とする試みのことを指します。肌の若さの条件としてあげられるものは、「ターンオーバーの早さ」と「みずみずしく張りのあるコンディション」です。そのためには水分と油分のバランスがとれた「保湿」が必要となるのです。⑤大人のニキビ大人のにきびは思春期のニキビと原因が異なります。思春期はホルモンバランスの変化が激しい時期ですので過剰な皮脂の分泌などが原因に上げられますが、大人のニキビの原因は乾燥肌とターンオーバーの遅れです。肌が乾燥していると皮膚表面が硬くなるために老廃物の排出がうまくいかず、ターンオーバーの遅れにより、お肌がリフレッシュするのにも時間がかかり、老廃物の排出が遅くなります。ご理解頂けましたでしょうか?「保湿すること」は様々な肌トラブルを防ぐ重要なポイントです。寒い時期はみなさん特に心掛けていますが、保湿は年間通じて大切なことです。お客様がいつまでも「美肌」で過ごせるように。。。。徹底的なスペシャルケアはこちらの記事をご参考ください。

たるみとくすみの原因にアプローチ esSeが贈るフェイシャルマッサージ

女性のお肌の悩みである「たるみ」「くすみ」20代の方はまだ先の事だと思いがちですが、「たるみ」「くすみ」の原因は「年齢によるもの」だけではありません。「たるみ」の原因肌弾力の低下肌の弾力は、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれていますが、以下の様なことで失われてしまいます。1)紫外線特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。2)乾燥角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。3)加齢赤ちゃんの肌にハリがあり、みずみずしいのは真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いためです。ですが、40代になるとヒアルロン酸は赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。4)生活習慣繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。「お肌は夜作られる」と聞いたことはないでしょうか。睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。