GENKINGも言っていたリンパについて

先日「ぷっすま」にてGENKINGがリンパについて少しだけ言っていたので(笑)

GENKING(ゲンキング、本名:田中元輝(たなかげんき)[2]、生年月日非公表)は、日本の男性タレント。ベンヌ所属[1]。Instagramから知られるようになった。
wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/GENKING


さて、今回はリンパについて

血液と同じように、全身を巡っているリンパ液は、その流れが滞ると老廃物や疲労物質がたまり、むくみやたるみ、便秘、肩こり、冷えといった様々なトラブルが現れやすくなります。


■リンパの流れが滞る原因とは

・運動不足

リンパ液の流れは筋肉などの働きによってゆっくりと流れるため、慢性的に運動不足の人は、停滞しやすい体質になっています。


・冷え症・低体温

肋間や腹部はリンパ管が密集しているため、この部分が硬直するとリンパの流れが停滞します。


・ストレス

血流をコントロールしている自律神経はストレスの影響を大変受けやすく、ストレスによって血管は収縮し、筋肉も緊張するのでリンパの流れを阻害します


・その他

汗をかかない、トイレの回数が少ない、塩分の取りすぎ、加齢などさまざまな原因がリンパに影響してきます。


■リンパの流れが悪いとどうなるか

リンパの役割には「排泄機能」と「免疫機能」という二つの大きな役割があります。リンパの流れが悪いと、この二つの役割が十分に果たせないことになります。

そのため、リンパの流れが悪いと、リンパの浄化作用がスムーズに働かず、余分な水分や老廃物、毒素が身体にたまりやすくなります。


とくに、年齢を重ねるとともに老廃物は蓄積されやすくなります。

そうなると、リンパの本来の機能である排泄機能や免疫機能が正しく行われなくなり、むくみ、痛み、コリ、疲労、体調不良、免疫力低下など、身体の不調の原因になります。

特に体内に侵入したウィルスを攻撃し、体内の免疫力を向上させる働きがリンパ液の中のリンパ球にありますが、これは重要です。


つまりリンパの働きが弱まると、免疫力が低下してしまい風邪などを引きやすくなり、思わぬ大病に繋がら無いとも限りません。

さらに免疫機能の低下により、肌あれや、太りやすくなるなどの美容面でも大きな影響が現れるのです。


私達女性だけでなく男女問わず放ってはおけない「リンパ」

次回はご自分でもできるリンパマッサージについて書こうと思います。

只今フェイシャルプラン(ベーシックプランやesSeファイシャルプラン)につきましては初回の方に限りサービス価格にてご提供しております。(ご自宅に伺う出張サービスは、往復の交通費を頂戴しております。)

お肌のカウンセリングは無料にて行っております。


お肌のお悩みやケア方法、施術のスケジュール、キャンペーン価格などご不明な点はご気軽にお問い合わせくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000