九州初!新しいオールハンドエステ技術『幸せを運ぶメソッド〜ポルトボヌール〜

数カ月前にやっと取得した新オールハンドエステ技術「ポルトボヌール」

福岡含め、全国でもまだこの新技術を行えるところは少なく、九州ではここesSeともう1社のみの計2か所と、受けたい方には非常に不便な状況です。


新しいオールハンドエステ ポルトボヌールとは?

フランス語で「幸せを運ぶ」という意味を持ちます。

オールハンド、心をこめて身体に触れ、経絡・リンパの流れを整えて、体内の老廃物など余分なものを排出し、血行を促しエネルギーを巡らせていきます。

それにより、冷え性や免疫改善、むくみや肩こりの改善、疲労回復にもつながります。

また、身体機能の回復は「心」にも大きく関係してきます。身体からの負荷(ストレス)を除く事で、心の負担も軽減され、元気になった身体と心は、仕事や活動のパフォーマンスを上げます。

流れを滞らせない、この循環を促していくのが、様々な知識・経験・技術をもとに考案され新しく作り出された技術です。


esSeのお客さまでもまだ数名ではありますが、2週間に1度と定期的にこの「ポルトボヌール」を受けて頂いているお客様がいらっしゃいます。試してみたいけど一体どのような事をするのだろうとお思いの方もいらっしゃると思いますので、今回は一通りの流れをご紹介いたします。


ポルトボヌールの流れ

①お肌のカウンセリング&状態チェック

お客様の肌に関するカウンセリングとお肌の状態をチェック致します。

この時にお客様自身のお肌の悩みだけでなく、体に関するお悩み、フライベートやお仕事の悩みなどもご遠慮なくお聞かせください。


②ポルトボヌールの施術内容(背面)

1)まずは背面(おしりから上)背中の中心から左右に分けて施術を開始します。まずは左からからローリングしお肌をならす様なイメージで整えていきます。


2)肩甲骨回りから首の付け根に向けてコリをほぐします


3)肩甲骨の上部の経絡(けいらく)を指圧で刺激していきます。


経絡とは?

東洋医学の概念である経絡とは、気血の通り道として考えられており、臓腑(ぞうふ*1)と体表とを結んだ、全身に分布するルートのことを表します。経絡には、全身の臓腑を相互に接続して環のように流れる12本(*2)と、任脈(にんみゃく*3)と督脈(とくみゃく*4)を合わせた14本があり、全身に網目のごとく分布しています。


例えば、ある内臓に異常や不調があれば、経絡上の経穴(けいけつ*5)に反応が出ます。この場合、この経穴を刺激することにより、各臓腑に刺激を伝えることができ、全身のバランスを調整することができます。一方、この逆の場合もあります。例えば、体表に風等の外邪(がいじゃ*6)の侵入を受けると、経絡を通じて体の内側に変調を来たします。


経絡の中を流れているのは、気血というエネルギーです。この気血の巡りが良くなると、血行が促進されることや、免疫機能が改善されることにより、健康的な体を取り戻すことができます。つまり、気血の流れが良い、滞りの無い体を健康と言うことができます。

以上、経絡とは、生命活動を維持するためのエネルギーの通り道であり、体内における気血の循環のバランスを良くすることで、症状の改善や、病気の予防が可能となります。


※1・・・内臓のことを表します。

※2・・・正経十二経脈と呼ばれています。

※3・・・奇経に属する体の前正中線を流れる経絡のことを表します。

※4・・・奇経に属する体の後正中線を流れる経絡のことを表します。

※5・・・ツボのことを表します。

※6・・・外から人体を侵す邪気のことを表します。


4)二の腕の内側、外側のリンパを流していきます。


5)肩甲骨下部を流していきます。


6)即胸部から脇下に向けて流していきます。


7)腰から背中に向けて張り付いた肉をほぐすようにマッサージしていきます。


8)肋骨(ろっこつ)と骨盤の間の側腹部に圧をかけながら腸に刺激を与えます。


9)おしりの肉をマッサージ(ヒップアップ)


10)おしりの経絡を指圧にて刺激します。


11)おしりから腰にかけて流しながら張り付いた肉をほぐすと共に曲線美を作っていきます。


12)肋骨と骨盤の間、背骨の内側を指圧していきます。


この1)~12)の順に右側も同じように行います。


13)今度は両手でおしりからわき腹に流します。


14)背骨の両サイドを流し、肉をほぐし、背骨を整えていきます。


ここまでで背面の施術は終わりです。


③ポルトボヌール施術内容(ファイシャル)

1)まずはクレンジングでメイクを落としていきます。

※オプション(+1000円)で顔、首のディープクレンジングに変更可能


2)顔 左右のこめかみをほぐし、更にマッサージでおでこを引き上げます。


3)目 目のくぼみを押して刺激を与え眼精疲労にアプローチします。


4)鼻 全体をマッサージ、鼻の付け根の経絡を刺激します。


5)疲労物質が溜まる鼻の脇の付け根をほぐしていきます。


6)頬 頬骨にそって経絡を刺激しつつリフトアップします。


7)頬の硬くなった肉をほぐしていきます。


8)フェイスラインの硬くなった肉をほぐしていきます。


9)顔を右に傾け、左のフェイスラインをマッサージ

肉をとり舌下線を刺激し唾液の分泌を促します。


10)首から肩にかけてマッサージしてほぐしていきます。


11)首に指圧を加え、首の肉をほぐしていきます。


12)耳下腺から鎖骨にかけて流します。


13)鎖骨の上下を流すと共に張り付いた肉をとりラインを出していきます。


14)鎖骨の上部、下部をそれぞれ指圧し、ほぐします。


15)鎖骨の下から胸の間の部分を流します。


この9)~15)を右側も同じように行います。


④ポルトボヌール施術内容(その他)


1)両肩に体重をかけて圧をかけ肩の位置を整えます。


2)首に軽く圧をかけ位置を整えます。


3)顔と首の付け根を指圧しほぐしていきます。


マッサージクリームをふき取りここまででポルトボヌールの施術は終了です。


⑤お客様の状態に応じたフェイシャルパックしている間の20分間岩盤マットに包みしっかりと汗をかいて頂きます。(オプションで岩盤マットの延長あり)


パックをふき取った後はお肌の状態に応じてLa Colline(ラコリーヌ)やEvidens(エヴィドンス)の化粧水、美容液、クリームで整顔し全施術終了です。


お疲れ様でした♪


ポルトボヌールの施術ライセンスを持った私達は、こうしてお客様の体に直接触れる事で、単にリンパを流したり、フェイスラインを整えるだけでなく「気」も整えます。


始めて受けた方は施術後の何と表現したら良いのかわからないほどの爽快感に満ち溢れるのはその為です。


施術前のカウンセリングでご相談頂いたお悩み、そしてご本人がお気付きでないかもしれないお悩みを「気」を通じて整える為、施術個所によっては少々時間の差が各々出てきます。


そして継続して行う事でより変化が見えてくると思います。


実際ポルトボヌールの施術を受けられたお客様の感想はこちらから


佐々木様 福岡市
佐々木様は、初回無料esSeフェイシャルプランをご利用後、今回は、ポルトボヌールのご利用でした。
終了後

「なんですか❓この感じ✧*。

なんて表現したらいいのかわからないけど、やる前と全然違う。

鎧をとったような感じです❗️

手技も違うけど、フェイシャルプランとは、また違いますね。


フェイシャルプランもよかったですけど、ポルトボヌールの方がもっといいですよね。

ポルトボヌール受けてよかったです。」

とご感想いただきました。


野上様 28歳
野上様は、1ヶ月2回のペースできていただいてるリピーターの方です。
「してもらったあとは、やっぱり調子がいい。スッキリ。

肩凝りが全くきにならないっちゃんね。おまけに、なんか身体のラインが変わってきた気がする」


野上様は、肩凝りもひどく、代謝不良で冷え性でしたが、4回目、5回目には、発汗するようになり、私も毎回ビックリするのですが、背面の曲線美がキレイに整ってます。

ご希望により写真はご紹介できませんが、いつも、施術時、写メ撮って2人で大喜びです。

A様 36歳

A様は、お仕事上、肩こりや腰痛があり、あまりマッサージやエステにもいかれない方でしたが、今回ご予約いただき、ポルトボヌールをさせていただきました。

やはりコリがひどく、時間をかけ、ゆっくりほぐさせていただきました。

そして、フェイシャルでは、オプションメニューであるヒーティングマスクを追加されました。

終了後、

「ヤバイ❗️身体が軽い。なんか肌も艶がある。めっちゃいい。」


次の日も、メールいただき
「夜ぐっすり眠れたよ。すごいね。また、お願いしたいんですけど」
とご連絡いただきました。

元々、寝たいけど、寝れない。自律神経のバランスが悪いと言われており、A様も眠れた事に驚かれてました。 ポルトボヌールお客様の声より



受ける事で幸せを呼ぶ「ポルトボヌール」


是非お試しください。

只今フェイシャルプラン(ベーシックプランやesSeファイシャルプラン)につきましては初回の方に限りサービス価格にてご提供しております。(ご自宅に伺う出張サービスは、往復の交通費を頂戴しております。)

お肌のカウンセリングは無料にて行っております。


お肌のお悩みやケア方法、施術のスケジュール、キャンペーン価格などご不明な点はご気軽にお問い合わせくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000